リフォームを依頼する会社はよく選び、実績豊富な会社を選びましょう!

>

料金は安い高いではありません

理由なく高すぎる安すぎる場合はご注意を

リフォーム業者を比べて選ぶことのできるサイトがいくつかあります。匿名で見積もり申し込みを出来ますので、数社と比べてみましょう。
もし、他の施工業者より極端に高い場合、安い場合は、その価格が適正であるか相場と比べてみます。
高かった場合は、申し込んだリフォームが非常に手の込んだものだった場合や、材料費が高いなど、安かった場合は材料費を抑えての価格だったりと、何かしらの理由がある場合は安心ですが、全く理由のなかった場合は要注意です。
ただし、リフォームサイトに登録しているリフォーム業者は比較的実績豊富な会社が多いと思われますので、そこまでの値段の開きはないでしょう。
個人事業や、飛び込みで来るようなリフォーム業者の場合は、相場料金との比較はとても大切です。

契約書は納得いくまで交わさない

いくつかの業者と比較し料金に納得した後、工期や細かい説明に入ります。この時点で、疑問があった場合は必ず施工業者に確認をしましょう。例えば、リフォーム中は家で生活が出来るのか、施工時間は何時から何時になるのか、などのリフォーム中の生活から実際のリフォーム内容についても業者に丸投げではなくある程度の知識を依頼主もつけておきましょう。
全てに納得をして初めて契約書を交わします。
つまり、契約書を交わすまでには日数がかかるのです。きちんと実績のある会社でしたら納得のいく工期や料金についての説明がありますし、依頼主が納得いかなければ契約書をせかして書かせることはありません。
また、この時に必ずクーリングオフについても確認しましょう。
万が一、施工後に不具合が出てきた場合のアフターケアについても納得の上契約をするようにしましょう。


TOPへ戻る