リフォーム依頼をするときに実績豊富な業者かどうか見極める方法

リフォームを依頼する会社はよく選び、実績豊富な会社を選びましょう!

安心してリフォームを依頼するために

リフォームをしたい箇所はどこになりますか?水回りだったり、断熱工事だったり、外装や塗装などの大掛かりなエクステリアだったり、色々な箇所がありますね。 まず業者を選ぶ時は、リフォームしたい箇所を得意分野とする業者を探します。リフォーム専門会社などだと、全てに専門がいる地域密着型の会社もあるようです。

料金は安い高いではありません

どのお買い物もそうですが、安い物には安いなりの高い物には高いなりの理由があります。その価格が適正であるかどうかを見極めるのは、業者の説明を聞いた依頼主です。理由がなく安いものや理由がなく高いもの、そしてその内容に納得できなかった場合は契約を考えた方が良さそうです。

業者には得意分野があります

今まで住んでいた家を建て直すのではなく、修理修復をして住み心地を良くしたい、それがリフォームになります。
もちろんそれなりの金額や時間がかかりますので、大きなお買い物と言えましょう。せっかくお金と時間をかけるのですから、リフォーム後には安心した生活を手に入れたいですね。その為には、業者選びから始まります。
まず、気をつけたいのは、テレビなどでも特集が組まれる「悪徳業者」に騙されてしまう事です。主な手口としては、訪問から始まります。外装が古くなっているから塗り替えたらどうか、地震が来たら家が倒れてしまう、というこちらを不安にさせるような文言で契約を誘います。最初は無料点検、と言って家に上がり込み、その他にも住み続けるにあたっての不安材料をあげて工事契約までその場で取り付けてしまうのです。お金を払っても施工当日に業者が現れない、施工はしてもらったが非常にずさんな工事で施工後に前よりも悪い状態になっている、後で他社に見てもらったら施工料金が高すぎる、など様々なトラブルが起こっています。リフォームをする時は、必ず自分の意志で業者を選び、納得のいく施工内容をお互い確認したうえで契約を結びましょう。リフォームの施工会社が自ら営業をしてその場で契約を促すことはほぼありません。
今ある家に安心して住み続けるためにリフォーム業者を選ぶ時は、慎重に。
もちろん、家を建てた時の不動産屋さんに相談をしても良いですし、近所の口コミなども非常に大きな情報源となります。今ではインターネットで情報を公開している業者も沢山います。また、業者を選ぶ際は、自分の望むリフォーム像がある程度明確になっていないと難しいですね。実績のある業者は相談にもきちんと乗ってくれますので、いくつか業者を選んで相談をしてみるのも良いでしょう。

施工前後を比べる

リフォーム施工をして前より住みにくくなっていては本末転倒です。かと言って施工前に施行後を確認は出来ませんよね。なので、業者の説明を受ける際に今までの実績を見せてもらいましょう。ほぼ全ての業者は施工前・施工後の写真を見せて、使い心地などを事細かに説明してくれるはずです。

TOPへ戻る